トップページを画面表示する フレーム再読み込み
初期画面へ戻る

超要塞の起源・由来
1991/12/10~1991/12/11 「NHKスペシャル 映像記録史 太平洋戦争」は、1991年12月10日・11日に、NHKで放送された番組です。太平洋戦争の真実を記録映像により、正確に伝える映像記録史です。
内容は、1941年12月、日本による真珠湾攻撃から始まり、1945年8月の原爆投下、玉音放送までを年代順に構成しています。

当時はこの放送をVHSビデオに録画しました。
1996/04/22~1997/05/06 社内オンライン受注システムの設計・開発の過程で、入社7年目を迎えた1996年4月22日頃~1997年5月6日頃までの380日間は、毎日夜中の3~4時頃まで、土・日・祝日は明け方5時頃まで、会社の事業存続のために1年以上に及び休むことなく働かされた為、睡眠は1日当たり1時間半程度しか採らせて貰えませんでした。
その約1時間半の睡眠の前に、このドキュメンタリー映像を観る習慣がつきました。この人たちは明日がないかもしれないが、私には明日がある!と言い聞かせ、慰めながら眠りに就くのが習慣づきました。連日深夜に及ぶお仕事と寝る前にこのドキュメンタリーを観ることで、次第に切っても切り離せない関係となりました。毎日寝る前に観続けた為、私の頭の中にはこの映像が焼き付きました。
中でも、神風特別攻撃隊に乗り込む直前の最後の水杯や、B-29爆撃機(ニックネームはスーパーフォートレス)、東京大空襲に使用された焼夷弾、広島へ投下したウラン型原子爆弾、長崎へ投下したプルトニウム型原子爆弾がすごく印象に残り、私の過重労働と共に闘病生活を続けるにあたっても、切っても切れない関係となったため、いつの間にかスーパーフォートレスの日本語訳の「超要塞」を起用するようになりました。
 下記は1991年12月10日~11日に、NHKで放送された「太平洋戦争 映像記録史」番組を10分割した動画です。太平洋戦争の真実を記録映像により、正確に伝える映像記録史です。内容は、1941年12月、日本による真珠湾攻撃から始まり、1945年8月の原爆投下、玉音放送までを年代順に構成しています。
 超要塞の由来は2番目の映像「1991年12月11日放送「記録映像史 太平洋戦争(後編)」に出てまいります。

1991年12月10日放送「記録映像史 太平洋戦争(前編)」


1991年12月11日放送「記録映像史 太平洋戦争(後編)」



動画がとぎれとぎれで醜い場合、Google Crome 時は下記Downloadボタンを右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存(K)...」を選択してwmv形式をダウンロードし、視聴できます。
なお、Internet Explorer の場合は「対象をファイルに保存...(A)」と読み替えて動画ファイルの保存操作をしてください。
1991/12/10 映像記録史「太平洋戦争」前編
1991/12/11 映像記録史「太平洋戦争」後編

MP4形式のダウンロードの場合、Google Crome 時は下記Downloadボタンを右クリックし、「名前を付けてリンク先を保存(K)...」を選択してダウンロードできます。
Internet Explorer の場合は「対象をファイルに保存...(A)」と読み替えて動画ファイルの保存操作をしてください。
1991/12/10 映像記録史「太平洋戦争」前編
1991/12/11 映像記録史「太平洋戦争」後編

トップページを画面表示する フレーム再読み込み
初期画面へ戻る