トップページを画面表示する フレーム再読み込み
初期画面へ戻る
前画面へ戻る

診 断 書
2015/04/22(水) 【診断書】大うつ病、重度障害、復帰の見込みなし
2015/04/21(火) 人事部門向けの診断書発行願(記:妻)
2015/04/08(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2015/04/01(水) 診断書発行願(記:妻)自立支援医療診断書含む
2015/01/21(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2015/01/14(水) 診断書発行願(記:妻)住所表記変更含む
2014/10/29(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2014/10/22(水) 診断書発行願(記:妻)住所表記変更含む
2014/08/06(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2014/07/30(水) 診断書発行願(記:妻)
2014/05/10(土) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2014/05/10(土) 【至急】診断書発行願(記:妻)
2014/02/12(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2014/02/05(水) 診断書発行願(記:妻)
2013/11/20(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2013/08/28(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2013/06/05(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2013/03/13(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2012/12/21(金) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2012/10/09(火) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2012/07/17(火) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2012/04/20(金) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2012/02/01(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2011/11/08(火) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2011/08/09(火) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2011/05/16(月) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2011/02/21(月) 【診断書】大うつ病:3か月休養
1/28(月)の打合せをもって、2009/6/1から公傷病欠勤扱いとなりました。
2010/11/24(水) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2010/08/30(月) 【診断書】大うつ病:3か月休養
2010/06/04(金) 【診断書】双極性障害(現在、うつ状態):3か月休養
2010/03/16(火) 【診断書】双極性障害(現在、うつ状態):3か月休養
2010/03/16(火) 【依頼】職場提出用診断書発行願(妻)
2009/12/29(火) 【診断書】双極性障害(現在、うつ状態):3か月休養
2009/12/22(火) 【依頼】職場提出用診断書、労災申請書類、傷病手当金請求書
2009/10/02(金) 【診断書】双極性障害(現在 うつ状態):3か月休養
7/31(金)から取り敢えず、休職扱いとなりました。
2009/07/03(金) 【診断書】双極性障害(現在はうつ及び躁状態):3か月休養
6/1(月)から取り敢えず、病気欠勤扱いとなりました。
2009/04/03(金) 【診断書】双極性障害(現在はうつ状態):3か月休養
3/19(木)から有給休暇で自宅療養することになりました。
2009/03/13(金) 【診断書】躁うつ病(現在はうつ状態)、睡眠障害:勤務制限
2/13(金)にはもう診れないと言われ、2/21(土)からは精神科へ通院となりました。
2009/01/23(金) 【診断書】躁うつ病、睡眠障害:制限付き職場復帰
1/21(水)より「慣らし運転」の状態で、定時定刻内で勤務し始めました。
2009/01/06(火) 【診断書】躁うつ病、睡眠障害:復帰の目処立たず
2008/12/08(月) 【ご依頼】過労による当面の休暇対応
【診断書】躁うつ病、睡眠障害:12/2(火)より労務不能
2008/10/06(月) 【診断書】躁うつ病、睡眠障害:通常勤務可能
定時定刻内で勤務可能としたはず。上司は残業も可能と認識したようでした。
2002/04/23(火) 【健康診断書】残業制限なしの通常勤務可能
残業制限なしの通常勤務可能。
2002/03/19(火) 【健康診断書】1か月間は残業なしの制限で復職許可
2002/04/01より1か月間は残業なしの制限付きで復帰を認めます。
2002/03/14(木) 【診断書】抑うつ病:職場への復職を認めます。
2002/04/01より復職を認めます。
2002/02/19(火) 【診断書】自律神経失調症、抑うつ状態、背部痛:2か月の休養
2002/01/16(水)肋間神経痛により救急車。2002/02/01~2002/03/31自宅療養。
2000/09/19(火) 【診断書】自律神経失調症、抑うつ状態
9月7日(木)~11日(月)の間は、就労不能の状態であった。

トップページを画面表示する フレーム再読み込み
初期画面へ戻る
前画面へ戻る