トップページを画面表示する フレーム再読み込み
初期画面へ戻る
前画面に戻る

日 記 ( since 2002/04/01 )

日 記 ( since 2002/04/01 )
2002年10月
22日(火)
  • 昨晩は9時間程眠って朝はスッキリ目覚めたものの、出勤して6時30分頃薬の副作用の眠気に襲われ、6時40分~7時20分にかけて居眠り

  • 結局薬を飲むと緊張状態がほぐれ、一方副作用で麻酔薬でも打たれたかのような眠気が生じるそれを我慢すると我慢体制が出来てしまい、肝心な夜は寝付けない。かといって仕事中に堂々と居眠りするわけにもいかない。薬を止めると緊張状態が続き、全身の筋肉が凝り固まり、血行不良を起こす。これまでの5年半の間、薬の副作用のために薬を止めてはおかしくなり、薬を飲み始めては副作用で眠気が生じ、仕事に支障をきたしてきた。どうすりゃいいのぉ~!? こればかりは主治医も解決しようがないようである。今現在は覚醒作用のあるリタリンが処方されているため、何とか普通の生活が出来るよう、調整している

  • 昨日までの3日程度覚醒作用のあるリタリンを飲むと確かに頭がスッキリし、眠気もすっ飛びスカッっとするが、副作用で全身の筋肉が凝り固まり始め、最悪血行不良を起こす結果となるいわば精神安定剤や抗うつ剤を飲まない状態のときに戻ってしまうのである

  • 血行不良を起こすと主に次のような症状を引き起こす
    1. 首筋の筋肉が凝ることで、血行不良が起こり、頭が酸欠状態になって、頭がクラクラし、思考力・判断能力が低下する。
    2. 首筋・肩の凝りが特に酷く、手足の凝りも生じ始める。次の日は全身筋肉痛。
    3. 手足の筋肉が凝り固まることで、しびれ始める。また血行不良を引き起こしているためか、暑い・寒いの温感が分からなくなる。
    4. 喉が腫れたような感じになり、咳が出て、しかも吐き気がする。それどころか甲状腺機能が低下し、体温調節が出来なくなる。
    5. 食後、吐き気がするだけでなく、場合によっては腹部のけいれんが起こる。
  • 以上のことから「慢性疲労症候群」と勘違いする
2002年10月
21日(月)
  • 4時30分に元気良く出勤したものの、5時30分~6時にかけて居眠り7時30分頃にはまた異常な眠気が襲ってきた。この土日で本当に日中夜逆転したのであろうか!?再び9時過ぎに強い眠気。ついに9:20リタリン5mg服用10:30には全身の筋肉にリタリンが回ったのがわかった。脳が緊張状態になり、筋肉が硬直し始めたのである。もうデスクワークなんかしてられなく、じっとしてられない!完全に目覚めて頭の中もスッキリ!寝不足から来た頭痛も無くなった。何だか動きたくて動きたくて仕方が無い。何とかしてくれやー。

  • 結局15時には元に戻り、眠気に襲われた。帰宅後、即就寝(19:10)した。
2002年10月
20日(日)
  • ちょっと寝坊気味だが、4:18に目覚めて5時過ぎにはご飯を食べた。その後、またまた抗うつ薬や精神安定剤などを飲み、副作用で眠たくなり5:50-7:23居眠りした。昨日に引き継いで、またまた勢いの乗って9:30-10:47,13:30-14:30,15:00-17:05居眠り。結局、今日は昨日に続いて5時間45分近く居眠り

  • 昨日も夜眠れたんだから今日も寝付けるだろうと軽い気持ちで、睡眠導入剤と睡眠薬を20:45に飲んだ。しかし、目がしょぼしょぼしてきたものの一向に眠たくなる気配は無かった。ついに昔処方されたオキテ破りの頓服剤(抗不安剤)ソラナックス0.8mgを23:11に服用。その副作用の眠気でようやく0:00付近に寝付いた。しかし1:33起床。その後寝付けることはなかった。仕方ないので3:50頃までラジオを聴き、妻を起こして朝ごはんを食べて4:30には出勤した。1日半勢いに乗って眠ったせいか、日中夜が逆転したのであろうか!?
2002年10月
19日(土)
  • 昨晩は良くサワーをジョッキでWで2杯だけ飲み、20:20には眠りに付いた(途中で私を起こして妻が睡眠導入剤を飲ましたらしいが記憶に無い)。3:16には目覚め、いつものように4時過ぎにはご飯を食べた。その後、抗うつ薬や精神安定剤などを飲み、副作用で眠たくなり5:00-6:00居眠りした。勢いの乗って7:00-10:00,15:00-16:45,18:20-20:33の合計8時間近くの居眠り

  • あれだけ昼間に寝たにもかかわらず、睡眠導入剤と睡眠薬を21:14に飲んだら、21:40には寝付いた。次の日には4:32に目覚めてまずまずだった。
2002年10月
17日(木)
  • 初の終電出勤。この2週間(2002/10/03~)、主治医の処方が睡眠導入剤からうつ病に効く抗てんかん剤に変わり、一回目覚めると寝付けなくなってしまっていた。ついに昨晩は21:37に突然吐き気がして起床。ねばってみたが以降寝付けなく、終電出勤をしてみた。さすがにAM4~5時付近は眠たかった試しに8時半頃にリタリンを飲んでみた。AM9時付近も眠たくなったが、リタリン(中枢神経興奮剤)が寝不足に効き始め10時頃には眠気は回復した。今度はリタリンの副作用でイライラし始めた。さすが魔の木曜日である

  • 今日は奥田神経科に行き、この2週間のこと(寝付きの悪さ、5年半続いた薬の副作用による眠気)を全て報告するつもりだが、何と言っても魔の木曜日。私の思惑通り抗てんかん剤が再び睡眠導入剤へ、またリタリンが朝食後の1錠から朝・昼食後の2錠剤へ変わればよいが、何と言っても魔の木曜日、不吉なことが起こらなければよいが・・・。

  • 低姿勢で奥田院長に相談し始めたら、幸いにして私の思惑通りに処方された。薬は2週間残っているので、追加分として昼食後に服用するリタリン(10mg)1錠/日、交換した睡眠導入剤のマイスリー(5mg)を2錠/日を処方して頂く事が出来た。私はうれピー!ノリピー!ハッピーである。そして奥田院長には低姿勢で相談することが望ましいようだ。
2002年10月
12日(木)
  • 充分に見直しをした上で「体調改善プラン(第二版)」を作成。
  • しかし、T部長、Y課長共に当プランに対してある程度まとまったコメントがあった。
  • T部長からは随分厳しいプランを立てたとおっしゃっており、「完治させる」「自ら厳守」「一切禁止」「いかなる理由があろうとも」という表現は、はっきり言って厳しすぎると思っていらっしゃるようである。また、「毎日薬を飲む決めた時間の誤差±10分」という表現も指摘事項の一つである。T部長はもっと気楽に生きる意味でプランに抜け道を作り、ルールを守りなさいという私に対する愛情表現であり、私も納得済みである。
  • Y課長からは業務に支障が出ないようにするのは当然のことあの「一切禁止」などの表現は改善プランとしては不適切だとおっしゃっている。さらに、もっと柔軟さ、適応能力、臨機応変な考え方及び行動を身につけることが大切だとおっしゃっていた。このことは私も充分に理解できた。
  • 次回の「体調改善プラン」の改版は、もっと気楽に生きることを念頭におき、少しだけ抜け道のあるルール作りを心がけ、もっと柔軟さ、適応能力、臨機応変な考え方を取り入れて反映させたい。その上で「体調改善プラン(第三版)」に沿って行動していきたいと考えていきたい。
  • 近日中に「体調改善プランの」改版を考えていたが、現時点では2002年9月17日を起点にして、奥田院長が私の状態を非常に詳しく診ており、私に対する奥田院長の考え方も変化してきているようであるし、もう少し様子を見てある程度落ち着き、まとまった時点で「体調改善プラン」の更なる改版を私は行いたいと考えている。
2002年9月
30日(月)
  • やっと緊張状態がほぐれ、全身が凝り固まって血行が悪くなる症状が改善。
2002年9月
17日(火)
以降
  • 結局「体調改善プラン」の実施により、薬の服用を抜いて体調が悪化したことが判明
  • 本日から本格的に病院の主治医と相談し、本格的な薬物療法開始
2002年9月
4日(水)
  • 13ヶ月ぶりに下痢症状は回復した。
  • 原因はおそらく冷房の効いた会社で冷たい水を飲んだことであろう。
  • このことにより、「体調改善プラン」はほとんど中止。見直しが必要と判断した。
2002年9月
1日(日)
以降
  • 特命リサーチ200Xで「慢性疲労症候群」の症状と私の症状が良く似ていることを理解。
  • インターネットで「慢性疲労症候群」の現代治療を調べたら、何と私が治療薬に使ってる「抗うつ薬 SSRI」を使用してるとの事。抗うつ剤はすぐには効果が出ないのは分かっているので、今日から暫く続けて朝・昼・夕食後・就寝前に2錠ずつ、一日8錠飲み続けた。1週間位経ってから次第に効果が出始めた。
2002年8月
24日(土)
以降
  • 今日の夕方16時頃に「首枕」を入手した。マッサージのような効果があり、その場しのぎにしかならないが気持ちよかった。
2002年8月
23日(金)
  • 今日も懲りずにトータル的に考え「姿勢」、「上着の着用」、「点温膏の貼り付け」を行ったが効果なし。
2002年8月
22日(木)
  • トータル的に考え「姿勢」、「上着の着用」、「下着の着替え」、「点温膏の貼り付け」を試みたが効果なし。
2002年8月
21日(水)
  • 今日は汗をかいたら下着の着替え、点温膏の貼り付けを行ったがその場限りの効果で、治すまでには至らなかった。
2002年8月
20日(火)
  • 今週1週間は血行不良を治すために「姿勢」に気をつけた
2002年8月
11日(日)
12日(月)
13日(火)
  • 今日から3日間は血行不良を治すためにストレッチ体操を行ったがその場限りで治すまでには至らなかった。
2002年8月
10日(土)
  • 今日もアルコールを飲んでビタミン剤を飲んだ。一日位は思考力の低下する症状は止まったが、その後は効果なし。
  • 食事療法として良質たんぱく質(肉・魚・卵類)や野菜を採り始め、「体調改善プランは」徐々に中止。
2002年8月
8日(木)
9日(金)
  • 今日は養命酒を毎食後飲んだが効果なし。
2002年8月
7日(水)
  • 今日も懲りずに養命酒、温泉風呂を試した。また、西洋医学、東洋医学の先生が結論を導いて頂けなかったがゆえに、薬局の薬剤師にこれまでの症状を詳しく話してみたところ、アルコールを飲んだ後にビタミンE、ビタミンB12を飲むと効果があるとの事。早速居酒屋へ行き試した。確かにアルコールを飲んだ後にビタミン剤を飲むと一日位は思考力が低下せずにその症状だけは効果があった
  • また、今日から暫くの間ビタミンE、B12剤の摂取を行った
2002年8月
6日(火)
  • 今日は冷房病、広義の夏バテと仮定して養命酒、唐辛子料理、温泉風呂を試したが効果なし。
2002年7月
31日(水)
2002年8月
1日(木)
  • 今日も懲りずに上着着用したり、喉が渇いたときにはお湯を飲むようにしたが思考力が低下するという症状には効果なし。
2002年7月
30日(火)
  • 今日も懲りずに運動靴、喉が渇いたときにはお湯を試したが効果なし。
2002年7月
29日(月)
  • 冷え性と仮定して上履きはやめて運動靴、上着着用、喉が渇いたときにはお湯を飲むようにしたが効果なし。
2002年7月
28日(日)
  • 依然として頭がクラクラするのは治ってない。あるある大辞典で「立ちくらみ」の特集。冷え性の可能性あり。
2002年7月
27日(土)
  • 今日は蒸しタオルに温かいシャワーを浴びたが効果なし。
2002年7月
26日(金)
  • 今日も懲りずに点温膏をしたが効果なし。
2002年7月
25日(木)
  • 蒸しタオル並みに点温膏は効果があるという情報を耳にしたので今日は点温膏をしたが、ふらつきと思考力の低下の解決には至らなかった。
2002年7月
23日(火)
  • 朝食後すぐに蒸しタオルをした。今日もクラクラ。
2002年7月
22日(月)
  • 冷房対策として今日も襟巻きをしたが成果なし。
2002年7月
21日(日)
  • 凝りの解消になるかどうか分からないが水風呂に1時間30分入浴してみた。しかし解決には至らなかった。
2002年7月
20日(土)
  • 我が家でも、電車でもエアコンに反応するため今日から我が家ではエアコンなしで過ごすことにした。
2002年7月
17日(水)
18日(木)
  • 冷房対策として2年前同様に襟巻きをした。しかし、首筋の凝りから来る判断能力・思考力の低下の解決には至らなかった。
2002年7月
14日(日)
15日(月)
  • 冷房病、冷え性からくる血行不良化と思い、今日から1週間と暫くちょこちょこ蒸しタオルを首筋と肩にあてた。その時は血行が良くなり改善の兆しが見えたが、結局その場限りで解決には至らなかった。
2002年7月
13日(土)
  • 運動不足かと思い今日から4日間腕立て伏せ、腹筋を実施したが効果なし。それどころか全身筋肉痛がひどくなり益々悪化。
2002年7月
11日(木)
  • 起床して暫くすると首から肩にかけて筋肉痛になっていた。妻に足で踏みつけてもらいほぐしてもらった。お昼前から頭がボーっとしてきた。午後には社服を着用したが、湿気が足らない感覚と、寒さはさらに増したように感じ、【本日を持って完全に2年前の症状が再発したといえよう】
2002年7月
10日(水)
  • 14時過ぎから頭クラクラ。肩と背中も若干痛い帰宅したら即座に回復した。
2002年7月
9日(火)
  • 昨日の憂うつ感夕方まで取れず。Y課長の不満は夕方以降も取れず。
2002年7月
8日(月)
  • 仕事の事情により憂うつ感再発。
2002年7月
5日(金)
  • 相変わらず朝・昼食後吐き気に襲われ、昼食後は特に症状が酷く、手がしびれ震え始めた。
2002年7月
4日(木)
  • 起床していきなり吐き気がした。さらに朝風呂に入った直後に下痢。昼食後も吐き気。
2002年7月
3日(水)
  • 出勤中に激しい吐き気あり。
2002年7月
1日(月)
  • T部長代理が部長に昇格。
2002年6月
27日(木)
  • 起床して約30分後頭痛が次第に激しくなってきた。14:30過ぎからまた頭がクラクラし始めた。帰宅中は回復したものの、頭痛がとれなかった。
2002年6月
26日(水)
  • 14:30ホームページ(背景白色)で仕事に関する調査をしてたところ突然目に異常が感じられ、立ち上がった瞬間、頭がクラクラしていることに気づき、真っ直ぐ歩くのも困難だった。帰宅したのはいつも通り18:30過ぎで自宅まで真っ直ぐ歩けず、帰宅後も暫くの間天井が回っていた。
2002年6月
18日(火)
19日(水)
20日(木)
  • 6月17日から4日連続で頭痛。この3日間はAM頭痛。
2002年6月
17日(月)
  • 会社帰りの直後に携帯電話に業務システムトラブルの電話。至急職場に戻り対応したが、頭痛発症。
2002年6月
6日(木)
  • しかし友人に14時過ぎにY課長の嫌がらせのことで相談のメールを出してたら15時半過ぎに首の血流が悪くなった。やはり2年前の出来事といい、先週の木曜・金曜・今週の日曜といい、Y課長が私の体調に何かしら関与してたのか!?
2002年5月
31日(金)
  • 会社の空調で風邪のような症状が酷くなると共に、首が緊張状態により固くなり、15時頃体温計で計ったところ、37度を超え始めたことを確認した。状況は最悪。まさに2年前の2000年7月1日のような自律神経失調症の初期症状が勃発。その後、歩き始めるとふらつき始めた。また、帰りはクラクラし、妻に迷惑をかけながら駅から自宅まで歩いて帰った。
2002年5月
30日(木)
  • 会社のビルの完全空調に再び反応した。2年前のことといい、今度こそは原因を解明する決意をした。
2002年4月
1日(月)~
2002年5月
29日(水)








只今工事中につき

もう暫くお待ち下さい!!



2002.4.1

「日 記 ( since 2002/04/01 ) 」より。










<戻る>


トップページを画面表示する フレーム再読み込み
初期画面へ戻る
前画面に戻る